スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふわふわな匂い ~恐るべし、うっとり熊さん~

お正月の名台詞『いつもより多めに回っております』作戦開始。
それもそのはず、なんと、溜まりに溜まった洗濯物が山盛り2袋。
仕事に熱帯魚、休みはスノーモービル。夜中はブログで洗濯物は溜まり放題である。
愛車に乗っていつものコインランドリーへと。

fafa2


コインを入れ洗剤を入れてスタートボタン。洗いが終わってすすぎ、そして柔軟剤。
柔軟剤!柔軟剤?柔軟剤といえば、私は迷わずファーファである。
これだけは、ゆずれない洗濯での私のこだわり。

多分、発売当時からの長い付き合い。
可愛い熊さんが、ふわふわタオルに顔をあててるコマーシャルに、まんまとやられちゃったクチである。

格別にいい香りでもなく、トイレ芳香剤のようなチープな香りでもない未分類の不思議な匂い。
花でもなく、香水でもなく、どんな香りと聞かれると表現に困ってしまう。
しいて言うなら、ふわふわな匂い。(笑

きっと、頭の中に刷り込まれた、ふわふわタオルにうっとりする熊さんの表情がファーファの匂いとリンクしているからであろう。

私の中で、ファーファ=ふわふわな匂いという曖昧な方程式が構築されて以来、柔軟剤と言えばファーファになってしまったのである。
正直、他の柔軟剤も使ってもみたがしっくりこなくて、なんとなくファーファに戻ってしまう。

不思議な引力。うっとり熊さんおそるべしである。
記憶と匂いは結びつきやすいと聞いた事があるが、納得である。

※よりによって、たとえがファーファかよ!って声が聞こえてきそうですが、ご勘弁を(笑
※ティモテはどう?なんて声も・・・。同類に属しますがシャンプー・リンスですので、又の機会に


fafa
噂の熊さんがこちらを見てます。

コインランドリーでは、洗濯、乾燥、手早くたたんで何事も無かったように素早く帰るのが私の流儀。
偶然に居合わせた女子の瞳に、疲れた自分の姿が写ってたりしたものなら、私は一気にセンチメンタルモード突入。
だからこそ、車に乗るまでは疲れきった顔は禁物である。


fafa1
いつもより多めに回ってる乾燥機

部屋に戻り袋から洗濯物を取り出して一日も終了。
いつもの様に、疲れた身体でベッドに直行。
部屋に漂うわずかな”ふわふわな匂い”に包まれながら、あの熊さんの様に枕に顔を埋めるのである。
空しさに襲われる前に、とっとと寝ちまえばこっちのもの。
独身生活も楽じゃない。

明日もがんばろっと♪おやすみ☆

注)気分が悪くなったり、吐き気をもよおす場合がありますので、決して想像はしないで下さい。

フ・シ・ギ・ス・イ・ッ・チ

フシギ・スイッチ
無意識で行っている行動の中で気付く、心情や感覚を微妙に変えるボタンのようなもの。
過去の記憶や思い出を呼び起こす、自分だけの素敵なスイッチ。

家族が見せる笑顔だったり、いつもの店のいつもの席だったり、ネクタイや化粧だったり・・・
そのスイッチは、きっと人により様々。

私の場合、フシギ・スイッチは銭湯や温泉にある下駄箱の木製の札(鍵)。


shoesbox
本日のフシギ・スイッチは2番。

カチャッ♪
木製の札を押すと、きまってPC再起動のように、子供の頃の感覚が立ち上がるのである。
銭湯まで、小銭を握りしめて意味も無く走っていた、あの頃の感覚である。
「夕陽に向かって走る」的なノスタルジックで、チョッピリ滑稽な昭和の感覚。

フルーツ牛乳の容赦ない誘惑。
オトナ達の絶妙な距離感と、薄っぺらな虚勢。
無表情で優しい番台さん。
当時の温かなシーンが蘇るのである。

けれど、次に木製の札を入れると、はかなくもそこで終了。
それは、昭和の男には少し窮屈な日常に戻ることを意味する。
リアルな日常への帰還。

shoes
下駄箱から出した靴/コンビの靴ひもがお気に入り

カチャッ♪ 
札を差し靴を出すと、現実に戻った感100%である。これにて帰還。
あとは、家に帰って寝るだけ。

最後にお決まりの・・・。
入口で無表情で待ち構える”クールな奴”とのアイコンタクト。
立ち止まって、ゆっくりと左を眺める。イタ、イタ。

flog
※陰が薄いせいか入る時はいつも気が付かない”クールな奴”


いつものように、奴は口から水なんか出してクールを装いながら、

「別に待っちゃいねーけど、また来たっていいんだぜ。」

「暇があったらな。飽きもせず口から水出しやがって。じゃ~な。」

クールでオトナな会話で本日終了。※決して声は出していませんのであしからず。(笑


takasago
いつも、お世話になっている高砂温泉さん

風呂はいいですよね!日常のシガラミや身体の疲れから解放されますよね♪ 

フシギスイッチとクールな奴、昭和な感じが今も残る高砂温泉。
昭和な私のお気に入りです。

みなさんは、持ってますか? 

フ・シ・ギ・ス・イ・ッ・チ。

大人な感じ/MUSIC

私にとってのオトナな時間とは、
心地よいサウンドをバックに、ナルシスト的な思考で自分を客観的に見ている時。
冷めきってしまった心と、存在している空間との関係が心地よく感じた時に他ならない。

雨上がり、夜のドライブ。アスファルトに映る街のイルミネーション。流れるサウンドはドナルド・フェイゲン。みたいな・・・。
寂しいワケでも、楽しいワケでもなく、それでいて無意味なものでもない。その曖昧で、なんとなく心地良い時間。
そう、私が大人な時間を感じる時は、決まって独りの時である。(笑

・・・っと言う理由で、今回は大人な感じの必需品「MUSIC」につて♪(実に強引)
前回のブログで好評だったので、私の独断的大人サウンドの紹介。


D1.jpg
ドナルド・フェイゲンの名盤「ナイトフライ」

ジョッキーボックスの片隅で偶然見つけたレコードが最初の出会い。
JAZZYでオシャレな感じが心地よいアルバム。
収録曲のMaxineは聴いてるだけで酔っちゃいそうです。I.G.YはMACのCMで使用。
なにより、このジャケット。シビれます!
※レコードジャケットならば、さらに大人感UP!(レア情報/発売時期でタイトルカラーが微妙に違う)


前回ブログで紹介した曲は
スティーリー・ダン(ドナルド・フェイゲン)のアルバム「エヴリシング・マスト・ゴー」収録曲/Things I Miss the Most
チョイ悪男の本音と強がり?が、かいま見れる作品。

D4.jpg
スティーリー・ダン「エヴリシング・マスト・ゴー」

チョイ悪感溢れる曲が揃ったアルバム。
Things I Miss the Most のフレーズ、「俺の好きなもの? いい女とアウディーTT」
サラッと、私も言ってみたいものです。(汗&涙

オトナサウンド、いいですよ♪ (分類上A.O.Rという説もあり)
※A.O.R/アダルト・オリエンテッド・ロックの略
分類はどうあれ、ドナルド・フェイゲン最高です。
オトナな貴方なら、きっとわかるはず。きっと。


なか卯での遅い夕食。 そして、いつもと同じ冷たいベッドへ。
そんなイケてないダサダサな日常も、灯を消してドナルド・フェイゲンの曲をかければ、
今日はひどく疲れた。寝るとしよう的な感じになるから不思議なものである。


md.jpg
ん~十年の長い付き合い/ココナッツチョコレート

結局今日は、ミスドーのココナッツチョコレートとコーヒーのみ?
やりきれない思いと達成感のない一日。

そんな時、オトナな私は、
ドナルド・フェイゲンの曲をかけ、しばし素敵な夢をみるのである。

今日もひどく疲れた。さぁ、寝るとしよう。

Long Drive + Short Work = Beer

本日、気分はロングドライブ。
スーパーポンコツRay'sスペシャル(200000km超)とお気に入りのCDで、いざ出発。
旭川→美瑛→白金→→上富良野→美瑛→旭川
当然、仕事。

ドライブといえば、やっぱり『ドナルド・フェイゲン』『スティーリ・ダン』これ、お決まり♪
JAZZYでいかしたオトナロック。
●曲の一節/ 俺の好きなもの? TTといい女。(シビれます) ※TT = Audi TT

美瑛を抜けて白金に向かうと、雪が少なくて驚き。
真っ白な風景を予想していただけに拍子抜け。これって、あきらかに異常気象!


biei204
いつもは雪景色で美しい白樺街道も、今年はこんな感じ。


美瑛町観光センターで、温かく迎えてくれたのはパークヒルズ副支配人さんと組合女性職員さん。
熱い思いで弾むミーティングの中に、笑顔、笑顔、笑顔・・・。
あらためて、素敵な出会いと人との繋がりに感謝です。

biei204a
観光センター内では、白金のレア情報満載!(嵐の翔君、青い池、動物など)

次に上富良野に向かい、仕事をサクっと終わらし帰路へ。
ところが、国道ではいつもの光景。あの道路工事。
しかも、誘導員がよそ見で危なく正面衝突。
これってどう?
いいオトナなら仕事もカッコ良くこなさないと・・・。ったく。
仕事に対するプライドのなさに怒る気もせず、ため息。
ふぅ。

biei204r
急ブレーキ後撮影。

美瑛にさしかかったところで、観光センター職員さんの言葉
「美瑛町においしいラーメンのお店が・・・」を思い出しラーメン店へ。


biei204h2
八海さんのしょうゆラーメン

細めんとコクのあるスープが絶妙。いい感じのラーメン。
国道でのイライラも忘れ、全つゆ。

札幌のハードジャンキーなあなた!お見逃し無く!!(笑


biei204h
美瑛町/らーめん八海さん(駅すぐそば)

遅い昼食を済ませて旭川へ。
旭川空港スライド。いつしか、サウンドはCKB。イ~ネッ!
ボサノバチックでメロウなサウンドに包まれながら旭川現着。

スーパーポンコツRay'sスペシャル。今日もご苦労さん!
老体にむち打って走ってくれて本当に感謝です。

さて、次は上富の原稿をもとにMACのお時間。フ~ッ。
けれど、くじけないのがオトナ流。

そんな時は、”オトナな仕事して魅せます♪” これで決まり。
これぞ、ビールを美味く飲むためのミラクルワード(Talk to myselfなり)

オトナになった私は、
いつしか、安価な褒美で自分をごまかす方法を手に入れていたのである。
そう、たまには暗示にかかったふりも悪くないって事。

それでは皆さんこのへんで・・・。

たまには、とことん子供になってみる。

来るであろう冬山の冒険に備え、相性を確認しあうため一路隣町へ。
天気は最高。気分も最高。モチベーションはレッドゾーン。
お気に入りのメットとゴーグルで完全武装。いざ出陣!
しかぁ~し・・・。(汗

700x.jpg
ん~っ。なんとも精悍な面構え。

ベルトがすべりぎみで、言う事を聞いてくれない。(こんどは涙
カウルを開け悪戦苦闘の結果走り出すも、今度は足周りのセッティングとギア比特性の違いがつかみきれず、乗りこなすどころか、乗せられてる状態。
う~む。
絶対、乗りこなしてやるぜ!


700x2.jpg
お気に入りのメットとゴーグル

こうなったら、とことんつきあうのがオトナの流儀。
落ちて、転んで、埋まって・・・。
もはや、子供の雪遊び状態。

700x3.jpg
マシーンとツーショット(残ってる仕事も忘れ、ポーズ!)

エンジン不調も、仕事も、プライドも忘れ、夢中になってマシーンと格闘。
そして、気が付つくと夕方。悲しいかな残っている仕事を思い出して急いで帰宅。
サクッと仕事を終わらし、ビールを持って冷えたベッドへ・・・。
気が付けばいつもの日常。

二日後に悩まされる筋肉痛も、タイトな仕事のスケジュールも気にすることなく
いつの間にか熟睡。
これって、充実・・・。

たまには、
とことん子供になってみるのも悪くない。

大人の休日。

昨日は、デザインデータの提出で追い立てられヘトヘト。
そして本日は、仲間とスノーモービルのテスト走行で身体もガタガタ。
日常のしがらみを捨ててどこかに独りでプラーッといければいいのに・・・。
そんな感じの今日この頃。

小樽の知り合いから、画像が届いたので紹介します。
大自然をバックにスノーモービル。いいですよね! 気分転換、ストレス発散に最高。

北海道の男子諸君!冬をもっとたのしまないと・・・。オトナな感じで(笑)

yoichi
バックに写り込んでいるのが余市岳。



次は、知り合いのモービルの紹介。ポラリス03RMK800。
キャタピラの長さとハンドルの位置、社外カウル。シビれます。
けれど、「大人な感じ」で見るともっとシビれるものがあるんですね。何だと思います?
それは、フロント足周り部分の曲がり(スキーとカウルの中間部分の赤いアーム)

どうして曲がったのだろう? 登坂途中でキズを追ったのだろうか?
大変なシーンをいくつも乗り越えて来たのでは・・・?
私は、このアームの曲がりに、このモービルが持っている過去の記憶やオーナーとの絆を感じ取ろうとしてしまうんですよね・・・。

rmk800
わずかに歪んだ赤いフロントのアーム


現行スペシャルマシーンが人気を集め、新車に買い替えている人が多くいますが、私的には手のかかる旧式の安価なマシーンがお気に入り。 旧式な私には、旧式が丁度良かったりして。(笑

旧式同士のマシーンと私、お互いを気づかいながら冒険に出るみたいな・・・。
そんな感じが心地いいのかも。


くわえ煙草とかじかんだ手。乾いたエンジン音と焼けたオイルの甘い香り。
週末の冒険に胸をはせながら、マシーンと対話(メンテナンス)をしている時間こそ、
私のオトナないい時間。

さぁ~て、今日は冒険の夢でも見るとしよう。

ミスティックRDが産卵です。

ミスティックRDが産卵。
赤みが強くて小ぶりな卵が、微笑ましく思えたのもつかの間。期待するも、2日目で涙。
今回は、産卵環境を整えただけにショック大。やっぱり難しいですね。

rde
産卵後1日目の様子(左/オス)
空気を含んだ新鮮な水を、ヒレを使いかけているところ。
RDベビーは、次回に期待です。


一方、アレキサンドラは絶好調。
光沢感のある発色もさることながら、色変わりの早さは目を見張るものがあり、見ていて飽きないディスカスに成長。ひと安心。ホッ♪
同じ餌、同じ環境で、飼育しているにもかかわらず、ブルー、オレンジ、ピンク、パープルと個体差がでるところが難解。

aalex3
発色の美しさを画像で伝えることができないのが残念です。

時より見せるゴールドの発色は絶品。
色変わりの早さと艶やかな発色に、秘めたポテンシャルを感じています。

透明感があり、光沢感があり・・・。
ピンクだったり、ゴールドだったり・・・。
その、なんとも曖昧で矛盾した感じが、飽きのこない心地良さを演出しているのかも・・・。

オトナな私も、少しだけ「萌え」って感じです。(笑

ディスカスブリード/難しさと魅力

ディスカスブリード。難解かつ奥が深い迷路のようである。
そして、ブリードの究極目標といば、繁殖。(ペアリング→産卵→子育て→親離れといった具合である。)

適切な管理と愛情があれば・・と思い、繁殖を試みるがあえなく失敗。またもや挫折。
手をかけすぎたあまり、人間に慣れ過ぎて野性を失ってしまったのである。
常に水槽からこちらの様子をうかがっているため、他の魚とのコミュニケーションもとれず、ペアリングにいたっては全く興味を示さなくなってしまった。(以前紹介:3位入賞魚)
その後も試みるが上手く行かず、3位での繁殖を断念。

そこで、新たに期待がかかるのが、コンテスト5位のおてんば娘。
彼女は、とにかくマイペース、人がいようがいまいがおかまいなし。水槽内の権力闘争でも怯まないおてんばぶり。
そんな彼女も、現在は彼氏ができて花嫁修業中。

RD5.jpg
コンテスト会場にて(オープン/5位)
3位ほどの艶やかさはないが、妖艶な淡い発色は雄達を虜に・・・(笑。
そんな彼女も、そろそろ熟女にさしかかる年齢。いいオトナである。


彼女たちの幼い頃の写真。
RDBB.jpg
ペットショップでは見ることのないサイズ。(自然に近い飼育環境を目指し、湧水を利用し砂利を敷く)

<自然環境に近づける試みとして>
●水道水から湧水への転換(隣町への水槽移設)
●砂利敷設 ※デイスカスブリードでは、砂利等はタブーとされる。
●水質管理 
●餌の見直し

自然に近い環境下での飼育をこころがけたつもりが、手の掛け過ぎで野性を失わせる結果に・・・。
ディスカスブリードは実に奥が深く難解。それが魅力なのかもしれない。

ディスカスを飼いはじめて、ん十年。気が付けば、私もいいオトナである。
私のディスカスが野性を失いかけたのと同様、そろそろ私も、遊び心や冒険心を失いつつある。

けれど、そんな私を未だ魅了し続けるのがディスカスブリードである。


ミスティックRDがカッコいい理由 / ミスティックRD

嫁いで行ったRDのふたり・・・。彼女たちの姉さんがカッコいいのである。
なんと、ジャパンディスカスコンテストにおいて、日本を代表するブリーダーが育てた血統優良種と堂々わたり合って3位と5位。

contest
コンテスト会場

姉さん達は順位もさることながら、その開き直り加減がカッコいいのである。
周りの水槽は、どれも高級魚。しかも、どれも大きく堂々とした風格。
プロブリーダーが手掛けた個体、もしくは有名ショップの高価なディスカスが並ぶなか、臆する事無く水槽の真ん中でアピールしつづけたのだから驚き。
地方競馬から中央競馬にのしあがったサラブレットを彷佛させるものだった。

というのも、彼女たちの親はショップで見向きもされなかった個体。いわば、売れ残りである。
北海道中のショップを駆け回り、わずかに輝く素質を見いだして安価で手に入れた個体である。
その2匹を育て上げ、オーソドックスなフォルムで美しいディスカスを目指して、本画的なブリーディングをはじめペアリングに成功。そして産卵。
汚れた水槽の片隅で、ヒレをたたんで脅えていた親魚の思いとそのDNAが、いっぱいつまった子供達が誕生。
それが、ミスティックRD。


RD3f.jpg
コンテスト会場にて撮影(オープン部門:No.5/3位)

Mystic RD (ミスティックRD)※RD/Rain Dotの略 
●丸いフォルムと扇型で大きな尾びれ
●幼魚期は、ドット模様(以前、ブログで画像紹介)
●美しい発色。模様はドット、又はドット繋がり(模様は成長と共に変化。雨粒のような模様)
●赤目、バーチカル

親魚紹介(♂名前:父さん、♀名前:母さん)
♂ジャーマンレッドターコイズ(模様がランダムな唐草模様:当時は美しいストレートラインが人気)
♀レツドロイヤルブルー(幼魚期トラブルの疑いあり、極端に小さく模様は不規則、ズバ抜けた発色。)
※種類は、ペットショップ表記をそのまま引用。

私的には、目に映る美しい実像よりその陰に潜むストーリー、眼を凝らさないと見えてこない思いや情熱こそカッコいいのである。 そう!それこそが、オトナな感じ。

だから、RDはカッコいいのである。

新種 ディスカス? / アレキサンドラはフランケン?

ディスカスブリードをしていて、初めてあじわった挫折感。
新種の期待が出始めた時の頃。
徐々に、ボディーが暗色化をはじめパープルグレーになっていってしまった。
新種の期待と同時に、見向きもされないようなかわいそうなディスカスを創りあげてしまったのでは・・との思いが葛藤。
フランケンシュタイン(デニーロ主演)の映画を思い出し、正直、自暴自棄になってしまった。
期待がかかった青目も、青みが抜けてグレーになり、唯一望みといえば、ゴールドに輝く縦のライン。
ゴールドのバーチカルだとすると、閉塞感のあるディスカスブリード界に一石を投じる個体になりえるとの思いだけで、飼育。

その時の画像がこれ
arex3
ディスカスと言えば、熱帯魚の王様。しかし、この個体はまるで「ねずみ」のよう。


わずかに残る新種への可能性を信じながら飼育を継続。

<新種の可能性>
●ブルーグレーの眼球(途中で消失)
●透明度の高い鱗(時より見せるブルー、グリーン、ゴールド、ピンクの発色。色素胞の変異?)
●ゴールドの縦ライン(バーチカルの可能性を秘める)

以上の特徴をふまえて、情報収集を開始。大手出版社、プロブリーダーの方々から意見を聞いて出た答えがこれである。
●ゴーストとアルビノの特性をもった、突然変異ディスカスである可能性が高い。

また、ゴールドライン(バーチカル?)と青目、透明感のあるボディーは新系統の可能性を秘めているとの事。
この時、ネズミのようなパープルグレーのディスカス、アレキサンドラ(仮称)を発表。

決して美しいとは言えないこの個体が、成魚になり美しくなるとは正直、想像すらできなかった。
まして、ベリーピンクのディスカスがでてくるとは・・・。
アレキサンドラ恐るべし。驚きの一言である。

可能性を見いだすこと。信じることの大切さを再確認したできごとである。

新種 ディスカス? / アレキサンドラ

明けましておめでとうございます。
正月だというのにこのありさま・・・。部屋でボーッ。
けど、いつのまにか、暇を紛らわす方法を手にいれているから恐いものです。
さすが、オトナ!
こんな時は、やっぱりディスカス。
そこで、今日はアレキサンドラの魅力について。

まずは、御覧あれ!

arexB

透明感のあるボディーにゴールドの縦ライン(バーチカル?)。顔を見ると透けてピンク色。
なんと、眼球はブルーグレー(成長とともにブルーグレー→グレー→ホワイト→薄オレンジ)。
※アルビノとは別系統:アルビノは、ホワイトボディーに瞳はレッド。

特異性が、注目され雑誌にも掲載される。アクアライフ2010.5月号
その時の、記事内容「金色に輝くディスカスが見れるかもしれない。」との結び。
数カ月が過ぎ、成魚へ。
その後、アレキサンドラは予期せぬ変貌を遂げる事となる。(ゴールドに色変わりを見せる個体も出現)

alex2
眼球ブルー色が消えてきた個体
※一説に寄ると、人間の赤ちゃんの白眼が青白く見えるのと同じ現象。との説が有力。


成魚への過程
幼魚期はピンクパープル。
次は醜いアヒルの子時代、パープルグレーにゴールドライン。(この頃の私→フランケンシュタインを創ってしまった博士の気分で自暴自棄状態)
その後、突然プラチナゴールド期。急に個体差が現れる。(ゴールド、ピンク、オレンジ、アクアマリン)
同じ餌で、これほど個体の表現が変わるとは不思議である。
中にはショッキングピンクというのものも現れ、ポテンシャルは未知数。
※ショッキングピンクの個体を保有しているところでは、フルゴールド個体も保有しているという。

現在はファニーピンク。パール塗装のような鱗は光や環境状態で様々な表現を見せる。
※発色は、ピンク、オレンジ、ゴールド、スカイブルー、グリーン等変化が著しい
※不調時は、パープルグレーの発色。

長年のディスカスブリードにおいて、これほど成長とともに表現が変わる個体には出会った事が無い。
もしかすると、ディスカス新系統の可能性を秘めているのではないだろうか?

幼魚期のゴールドの縦ライン(バーチカル?)とブルーグレーの眼球を見た時の衝撃は、今も忘れることはない。

アレキサンドラ/現在生存数;27匹 

成魚詳細は次回。

背中が寂しく感じます。/ ディスカス・ミスティックRD

先週、手塩にかけて育てあげたミスティックRDが嫁いで行きました。
背中に彼女達を感じながら仕事していたため、もの寂しさを感じているところです。

嫁ぎ先はというと、札幌市ベテランブリーダーのHさんの家なのでホッとしています。
きっと今頃、自慢の扇形の尾びれをゆらしながら喜んでいることでしょう。
お婿さんは、なんとイケメンアレンカー。
早く孫の顔が見たいものです。

rd1
自慢の美人ちゃん/ディスカス・ミスティックRD(中央・左)

うちの美人ちゃんのお姉さん二人は、なんとジャパンディスカスコンテスト/オープン部門で3位と5位。
模様と発色では最高得点。
さすがミスティックRD!さすが姉妹!


ちなみに、子供の頃は全身ドット模様でキュート。
みんな一斉に泳ぐと流れ星のよう・・・。
なんか、懐かしくなったところで、子供の頃をアップ。
どう、かわいいでしょ?

rdb

親バカ回想録でした。

スタイルと匂いにヤラれちゃいます。 スノーモービル RMK700

流れるプロポーション。焼けたオイルの甘い匂い。
簡単には言う事を聞かないジャジャ馬加減。
やっぱり、こいつが一番。
デートが楽しみです。

RMK700side

気がつくと12月。 スノーモービル ポラリス

開設しました。みなさん夜露死苦。(笑
ブルーシートの中で息をひそめていた、あいつが目をさました!

RMK700

こいつの出番がやってきたみたいです。
プロフィール

Rays***

Author:Rays***
KEEP IT REAL !

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。